会社案内

会社概要

社長挨拶

代表取締役社長 遠藤正美

島国「日本」から海洋国家「日本」へ

中世ヨーロッパ海洋諸国家は、地中海沿岸からさらなる新天地、未知なる世界を求め、海の彼方へ冒険的な航海へオールを漕ぎ始めました。そして新たな多くの発見や様々な情報を本国へもたらし、人類の画期的な進化に大きな貢献を果たすことになりました。
そして遂には極東の地、島国「日本」にまで辿り着き、私達祖先に新しい文化や情報をもたらし大きな驚愕と憧憬を与え、それは知れば知るほど驚異は脅威となり、遂には215年に渡り、一部の国を除き固く門を閉ざし、鎖国への道を選ぶに至りました。
その間、閉鎖された島国ならではの独特の文化を育み続けたものの、結果として世界の文明から遠く取り残され、アメリカをはじめ列強諸国から強い干渉を受けることとなり、不平等な開国を迫られるになりました。
当時の憂国の志士はこの様な現状を打破すべく日本の歴史伝統をかなぐり捨て、開国の道を選び、積極的に先進国から学び、様々の分野から知識、情報、そして技術を摂取いたしました。そして列強諸国と対抗すべく富国強兵をめざし、現在の日本の工業の礎を築くことなる産業革命をアジアで唯一経験し、列強諸国と肩を並べるほどに急激な発展を遂げることになりました。
しかしながらこの革命的な維新は国民に自信と慢心を与え、結果として大きな犠牲を払うこととなる武力頼りへの道へと突き進むことになりました。戦後70年近くになろうとしている今でさえもこの古傷の疼きに、事あることに自信を失いかけ、引篭もりがちになる島国「日本」。今こそ過去を払拭すべく島国根性を振り払い、海洋国家「日本」として世界に貢献できる大きなチャンスの時であります。過去の経験、不幸な経験をも併せて先人から学び、もう一度バランスの良い、日本人らしい自信を取り戻したいものです。

「世界へはばたけ“大和魂”」

概要

商号 株式会社 日野電機 株式会社 日野エンジニアリング
本社所在地 〒192-0033 東京都八王子市高倉町60番地の7アクセスマップ
電話 042-646-8321(代) 042-656-1161(代)
FAX 042-656-5805 042-656-5801
創立年月日 昭和39年2月25日 昭和53年1月23日
資本金 1,000万円 7,000万円
代表者 代表取締役社長 遠藤正美
工場規模概要 所在地:東京都八王子市高倉町60番地の7
敷地面積:476㎡ 建物:869.47㎡
事業所 諏訪事業所
中部事業所
台湾事務所
ベトナム工場
主要取引先 イノテック、イマダ、永楽電気 、FDK、オリンパス、コスモ計器、コニカミノルタ、コモタ、GE横河メディカルシステム、シュルンベルジェ、JUKI電子工業、新富士バーナー、スターライト工業、成和技研、セキアオイテクノ、タカノ、タニタ、帝人デュポンフィルム、東芝ITCS、東芝トランスポート、東精エンジニアリング、トーハツマリーン、日邦バルブ、日本ファイリング、ニデック、ノバラックスジャパン、パロマ、日立製作所オートモティブシステム、富士電機アドバンストテクノロジ、富士電機、富士機械製造、古河電気工業、本多電子、ミネベア  等
(敬称略・法人格省略・五十音順)

沿革

昭和38年 富士電機製造(現富士電機システムズ)の協力工場として日野電機を発足
昭和53年 設計開発に重点をおいた日野エンジニアリングを発足
平成07年 NEC98シリーズ互換FAコンピュータ「MultiFlex」販売、FAコンピュータ業界に進出
平成12年 DOS/V互換パネルコンピュータ「MultiFlexP」販売、DOS/V互換機への転換
平成15年 産学公プロジェクトとして日本大学・筑波大学と「CABG治療統轄システム」を開発
東京都新製品・新技術開発助成事業の対象となる
平成16年 ISO9001取得(認証番号:Q3854)
ASRロゴ
平成20年 諏訪事業所を開設
精密加工部品製造、組立事業に取り組む
平成21年 ベトナム国 ホーチミン市に「サンフィールドベトナム」を設立
樹脂成形部品の製造、基板実装ライン・組立の工場を操業
台湾調達ルートを確立
中部事業所を開設
平成22年 台湾に「日野工程科技股份有限公司」を設立
平成24年 KES活動を開始
平成25年 KES環境マネジメントシステムスタンダード取得
平成27年 ベトナム新工場を竣工